乾燥しやすい人はシャンプー後に頭皮専用の化粧水の使用をオススメします。

MENU

乾燥性が原因で起こる頭皮臭

「頭皮臭と言えば、ベタツキが気になる脂性の話だから…。」
という風に思っていませんか?

 

じつは頭皮臭は、乾燥性の人でも起こってしまう症状なのです。
乾燥性で頭皮臭が気になっている場合、乾燥性がニオイの原因かも知れませんよ。

 

乾燥性が引き起こす頭皮臭について、チェックしてみませんか?

 

 

そもそも乾燥性とは?

まずは乾燥性なのか、チェックしてみましょう。

 

シャンプーで清潔にした後、1時間たってから頭皮を触ってみてください。

油分が指に付かないようであれば、乾燥性だと言えるでしょう。

 

乾燥性は、角質に保たれている水分量や、皮脂の分泌量の減少で引き起こされている症状です。
頭皮にうるおいがなく、外部からの刺激に対しても弱いことが特徴です。

 

うるおいのない頭皮は、カサついています。
そこに刺激を受けると、頭皮の表面がはがれ、フケとなって現れてきてしまうのです。

 

 

乾燥性が原因で起こる頭皮臭とは?

臭がきになる

乾燥性の場合、頭皮の表面にある水分や皮脂の量が少ない傾向にあります。
カサついた頭皮の表面は、細菌が繁殖しています。

 

なぜなら、カサついた皮膚を細菌がエサにしているからです。
細菌が繁殖すると、ニオイが発生する仕組みになっています。
気になるニオイを抑えるためにも、頭皮にはうるおいが必要だと言えます。

 

乾燥性を招く要素として、

  • 乱れた食生活
  • 睡眠不足
  • 頭皮の保湿が不足している

ことなどが挙げられます。
頭皮臭のためにも、気をつけていきたいですね。

 

 

乾燥性による頭皮臭の改善方法とは?

ニオイの元、頭皮のケアは大切です。
乾燥性の頭皮は、外部からの刺激に対して弱くなっています。

 

洗髪のときに使う市販のシャンプーは、意外と洗浄力があるものが多く、刺激が強いのです。
乾燥性の人は、刺激の少ないシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

また、頭皮の保湿も忘れてはいけません。
シャンプーのあとは、化粧水の使用をオススメします。

 

頭皮専用の化粧水もあります。頭皮ケアをするアイテムにも、注目してみてくださいね。