脂性頭皮用のシャンプーが市販されているので、臭いが気になる人は試してみましょう。

MENU

脂性が原因で起こる頭皮臭

気になる頭皮臭は、脂性が原因で起こることもあります。
脂性だと自覚をしている人は、顔や身体のケアには注意をしていることでしょう。

 

 

 

でも、頭皮のことを忘れてはいませんか?


 

頭皮も、顔や身体と同じ皮膚で出来ています。
頭皮にも気を使うと、防げる頭皮臭もあるのです。詳しく見ていきましょう。

 

 

そもそも脂性とは?

脂性かどうか、チェックする方法を紹介します。

 

シャンプー終了後、10分してから頭皮を触ってみてください。

指に油分が付くようなら、脂性だと言えるでしょう。

 

脂性とは、皮脂の分泌が過剰になった状態を指します。
脂性は、テストステロンやアンドロゲンといったホルモンが異常に出てしまうことで起こる症状です。

 

では、テストステロンやアンドロゲンが過剰に出てしまう原因を3つ挙げてみましょう。

  • 不規則な生活
  • バランスの悪い食生活
  • 間違ったシャンプー

これらの3つは、脂性に関係するホルモンを異常に分泌させてしまう要因となっています。

 

 

脂性が原因で起こる頭皮臭とは?

なぜ脂性だと、頭皮臭が起こってしまうのでしょうか?
脂性だと、頭皮にベタツキを感じる人も多いでしょう。
そのベタツキは、過剰に分泌してしまった皮脂なのです。

 

この皮脂は、空気に触れると酸化してしまいます。酸化した皮脂からは、徐々にニオイが発せられるのです。
このニオイが、「頭皮臭」と呼ばれています。
脂性の人は、ほかの肌タイプの人より皮脂が多いため、ニオイが出やすい傾向にあると言えるでしょう。

 

 

脂性による頭皮臭を改善する方法とは?

脂性の場合、きちんとしたシャンプーは頭皮臭の改善のためには必要不可欠です。

 

ここで気をつけたいことは、シャンプーをやり過ぎてしまうこと。
シャンプーのやり過ぎは、反対に皮脂の分泌を促してしまいます。
頭皮は、1日1回洗えば充分です。毛穴から、しっかりシャンプーをしましょう。

 

脂性が原因で起こる頭皮臭に、効果的なシャンプーも市販されています。
ニオイが気になる人は、試してみてくださいね。