清潔な頭皮の状態にしてから、正しく使うと頭皮臭が気にならなくなります。

MENU

ヘアコロンの正しい使い方

「ヘアコロン」という存在を、ご存知ですか?
ヘアコロンは、髪の毛につける香水のようなものです。

 

頭皮臭がするかも…。

 

と気になる人は、ヘアコロンの助けを借りるのも良いかも知れませんね。

 

ヘアコロンの正しい使い方を見ていきましょう。

 

 

ヘアコロンの特徴とは?

ヘアコロンは、髪の毛に良い香りをつけてくれるアイテムです。
香水と同じように、髪の毛につけるだけでOKというお手軽さも、人気のある要素の1つと言えます。
小さいサイズのものだと、外出先に持っていくことも出来ますよ。

ドライヤー

 

ヘアコロンは、熱に弱い性質をもっています。
そのため、ヘアコロンの使用後はドライヤーは当てないようにしてください。
香りが、なくなってしまいます。

 

 

ヘアコロンの正しい使い方とは?

ヘアコロンは、きれいな髪の毛につけるようにしましょう。
頭皮臭を感じてからヘアコロンをつけてしまうと、ヘアコロンと頭皮臭が混ざって、かえって変な臭いがしてしまいます。

 

オススメの使用タイムは、シャンプーのあとです。
地肌から清潔になった髪の毛を、ドライヤーで乾かしましょう。
そのあとでヘアコロンをつけると、魅力的な香りが楽しめます。

 

外出先で使用する場合は、頭皮の汗や脂を取ってからにしてくださいね。

 

 

ヘアコロンを使うときの注意点とは?

ヘアコロンは良い香りを長く持続できるので、便利なアイテムです。
一方で、ヘアコロンに関して注意してほしいこともあります。

 

それは、つけた直後の香りが強すぎるという点です。

 

外出するタイミングでヘアコロンをつけると、香りが強すぎます。
少し前につけて、香りを和らげてから出掛けてくださいね。

 

またヘアコロンをつける量にも、注意が必要です。
髪の毛全体につけると、香りが強すぎるでしょう。所々につける位がちょうど良いですよ。

 

ヘアコロンは正しく使うと、頭皮臭が気にならなくなります。
清潔な頭皮の状態にしてから使うことを、忘れないでくださいね。