ノンシリコンはコーティングしいないシャンプーなので、髪の毛が本来の状態に戻ります。

MENU

ノンシリコンシャンプーについて

最近、耳にするようになった「ノンシリコンシャンプー」。
その名前の通り、シリコンが入っていないシャンプーです。

 

そもそも、シリコンとは何なのでしょうか?この謎について、見ていきましょう。

 

 

シリコン入りのシャンプーとは?

まずは、シリコンについてチェックしていきましょう。
シリコンとは、化学反応を利用して作られた人工的な成分です。
成分名としては、メチコンやシクロメチコン、シリカなどが挙げられます。

 

 

シリコン入りのシャンプーは、髪の毛のキューティクルを守る働きがあります。
シャンプーをしているときの刺激や、ドライヤーの熱から守ってくれるのです。


 

 

しかし一方で、髪をコーティングするので髪の毛の汚れを落としきれない面が指摘されています。また、シリコンが毛穴に入り込んでいる可能性も…。
毛穴の皮脂が落としきれないと、頭皮臭が気になりますよね。


 

 

ノンシリコンシャンプーとは?

次に、ノンシリコンのシャンプーの特徴について見ていきましょう。
ノンシリコン系シャンプーを使って髪の毛を洗うと、

  • ふんわりとした軽い仕上がりになる
  • サラサラとしたヘアスタイルになれる

などといったメリットがあります。

 

また、シリコンでコーティングをしないので、シャンプーをすると髪の毛が本来の状態に戻ります。
トリートメントの成分が髪の毛に浸透しやすくなることも魅力の1つです。

 

反対に、ノンシリコンシャンプーで気をつけたいことは、「しっかりと髪の毛をケアする」ということです。
シャンプーのあとは、外部からの刺激に対して無防備になっています。
トリートメントやオイルで、しっかりとケアしてあげましょう。

 

頭皮臭が気になる人にとってノンシリコンシャンプーは、毛穴の隅々までしっかりと洗うことが出来るアイテムだと言えるでしょう。毛穴の皮脂は、頭皮臭の原因です。取り除くことによって、頭皮臭の改善が期待できますよ。